//
長尾天神宮



平安時代、当長尾寺に明印という名僧がいた。

讃岐国司であった菅原道真公と親交厚く、延喜二(九〇二)年、道真公が九州へ左遷のときに志度浦に出て「不期天上一円月、忽入西方万里雲」の詩を贈って心を慰めた。

公もまた詩と自画像を明印に与え別れを惜しんだが、後にこの古事により、宝永七(一七一〇)年、天満自在天神宮として建立、当山鎮守として祀られている。

祭事

一月二五日  初天神   併せて筆供養お焚きあげ厳修



十月第二日曜日  秋例大祭  前日宵宮



長尾天神宮の行事の詳細についてはお知らせをご覧ください。

最近の投稿